ビーグレン 副作用

ビーグレン 副作用はない

公式サイトに全商品の成分が掲載されていますので、

 

成分から副作用などがないか調べていこうかと思います

 

ハイドロキノン

 

まずザッとみた感じではハイドロキノンが目につきました。ちょっとグレーな成分ですね(汗)ホワイトクリームexに含まれています。1.9%の低配合(高配合なものは販売を禁止されています)なので大丈夫だとは思いますが…美白効果は確かに最強なんですけどね

ポリリン酸ナトリウム

 

との相乗効果を売りにもしているようです。ビーグレンは高浸透技術を利用した化粧品

ポリリン酸ナトリウムは食品添加物として昔から日常的に使用さてれおり、生体内にも存在している物質です。
組織の結着性を強める効果があるので、練り製品やチーズの劣化防止にも使用されています。

毒性はほとんどないが

 

口にすると刺激があり大量に摂取すると吐気、嘔吐、下痢、胸焼けといった症状が出ます

過去に某大手ファミレスで輸入ミートボール内にポリリン酸ナトリウムの塊が残っていたことがあり、口にした方が病院に一時入院したという事例もあります。まぁどんな物質でもそのまま大量に口にしたら体には良くないですが。

 

豆腐のにがり

少し前ですが豆腐の「にがり」が流行った時は、にがりの摂り過ぎで亡くなった方もいらっしゃいましたよね…。
プラスの効果としてポリリン酸ナトリウムは組織の修復・再生を促すので歯磨き粉や化粧品に含まれています。ビーグレンもその効果を狙った化粧品のようですね

グリチルリチン酸2K

 

を見つけました。いわゆる甘草エキスですね。毒性はほとんどなく様々な化粧品にも使われていますが、人によってはステロイド様物質と言って嫌っています。問題はないのですが一応記載しておきました。

まとめ

 

成分を見た感じで、どれも危険性はありませんので副作用を心配する必要はないかと思います

しっかりと規定量以内なので問題はない

規定量以内なので問題はない

一つグレーな成分がありましたが、しっかりと規定量以内なので問題はないですね。

 

パラベン系の防腐剤を使用しているようです。パラベンを気にしている方が多いようですが、私はパラベンはむしろ優秀な添加物だと考えています。確かに毒性は全くの0ではないかもしれませんが、それを考慮しても防腐能力は最高クラスに優秀です。しかも長い間使用され続けた実績もあります。

 

もし使用している化粧品が腐ったらどうですか?そんな商品を自分の肌につけられますか?腐って雑菌の温床になっている化粧品を使う方が、私は問題だと思います。

 

パラベンの毒性を気にしているのなら、酒や煙草を一切止める方が遥かに体には良いです。上記の添加物よりもアルコールやタール、ニコチンの毒性の方が何千・何万倍も危険ですよ!

 

 

ビーグレン 店舗 TOP