ビーグレン アンプルール

美白はどっちで?ビーグレンとアンプルールを比較

シミに本気で対応している化粧品というとどこの化粧品をを思い浮かべますか?美白化粧品を調べた事がある方はすぐにピンとくるでしょう。ビーグレンとアンプルール。どちらも美白化粧品として有名ですね。お互いに特徴がありますので、今回はその違いを見ていくとしましょう。

 

ビーグレン(b.glen)美白ケア

ビーグレン 美白

ビーグレンで注目すべきはクレイを使っているということ。ホワイトニングケアにクレイ洗顔をプラスすることによって肌の柔軟性を高めてパッと透明感のある肌に導きます。そして保湿力抜群の化粧水で肌のキメを整えます。このことはシミにとっても大変重要で、その後セラムでビタミンCを補うのですが、そちらの浸透にも深く関わってきます。こちらはシミに良いだけではなく、お肌のハリやキメまで整えてくれます。

 

ビーグレンでは、ハイドロキノンをカプセル化したシムホワイト377という成分が角層の奥までグングンと浸透していきます。シミの予防、薄くする効果、顔全体に透明感をもたらす効果があります。ビーグレンの浸透テクノロジーは他の化粧品の追随を許さないほどのすばらしい性質です。

ハイドロキノンはお肌の消しゴム、といわれているように漂白高価があり、かつ安全なもの

 

今までの美白化粧品で効果がない!という原因を徹底的に追求して作られています。肌の奥深くまで有効成分が浸透していない、肌のターンオーバーが乱れていて漂白型の美白成分でないと効果が出にくい、出ても時間がかかる、これからできるシミには効いても今あるシミには効かない…など。これらの問題点を徹底的にあらって作られているのがビーグレンなのです

 

アンプルール

アンプルール画像

こちらは新型ハイドロキノン配合のドクターズコスメということで有名ですね。以前のハイドロキノンは光、熱、酸素にとっても不安定な性質を持っていましたが、アンプルールはそれを安定化させることに成功。医師の処方なしで買える化粧品としては高濃度のハイドロキノンを配合して、シミへのアプローチ力を高めているのです

 

まとめ

もちろんアンプルールが効果がないわけではありませんが、ここまでシミの原因、今までの美白化粧品の問題点まで追及して作ったビーグレン。どちらか?と選ぶのならビーグレンという事になるのでしょう

 

@コスメ等でビーグレンの方が評価も高かったですし、美白悩んでいる人はまずビーグレンの1890円送料無料のトライアルセットを試してみると良いかと思いますよ!

 

>>>ビーグレンの美白ケア

 

>>>アンプルールのケア用品なら

 

 

ビーグレン 店舗 TOP